ハンドメイドのオリジナル家具と雑貨|SADAMOKUDESIGN/サダモクデザイン SADAMOKUDESIGNは、『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドのオリジナル家具ブランドです。テーブルやチェア、ソファ、キャビネット、ダイニングセット、雑貨など、素材の持つ個性を活かして、ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な作品を製作しております。長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

誰でも簡単!オイル仕上げ 家具のお手入れ方法

無垢材の家具のお手入れは意外と簡単です。

 

無垢材のオイル仕上げ(オイルフィニッシュ)の家具はお手入れが大変そうで、手間がかかりそうというお声やご相談をよく聞きます。

また、水に弱そうだとか汚れが気になるとかもよく聞くお声です。

確かに、ツルツルてかてかで、手間がそんなにかからないウレタン塗装のテーブルよりかは手間がかかります。

ですが、正しくお手入れをおこなえば、コーヒーやワインのような色の濃い飲み物でもはじいてくれるようになります。

 

無垢材の家具と快適に暮らすために、知っておいてほしいお手入れ方法のご紹介です。

 

 

その方法とは『オイルを染み込ます!!』です。

 

無垢材の家具は浸透性の高いオイルのコーティングで仕上げられたものが多いようです。

もちろん、サダモクデザインの家具たちもオイル仕上げ(オイルフィニッシュ)で製作しています。

これは、木材のもつ風合いや質感を生かしながら、水分から無垢材を守るためです。

 

しかし、オイル仕上げは使っていくうちにどんどん剥げてくるのです。

特に、テーブルのように毎日水拭きするような家具ではオイルの剥げは早くなります。

 

購入して半年から一年以内の無垢材のテーブルの場合はとくにカサカサになりやすいので1、2か月に一回ほどオイルでメンテナンスをおこなうのが良いようです。

その他の家具でも半年に一回くらいの割合でオイルメンテナンスをおこないましょう。

新しい家具は、オイルのコーティングが薄い状態です。

オイルは塗り重ねるほどコーティングレベルが上がるので、定期的にオイルを塗り重ねていきましょう。

 

反対にオイルが足りなくなると家具の表面に艶がなくなりカサカサしてきます。

これを放置しておくと、汚れが無垢材の内部にまで浸透したりしてシミが出来たりもします。

また、湿気を吸い込みカビが発生する原因にもなるようです。

 

そうなる前に、オイルを使ってメンテナンスを行います。

それでは、オイルってどんなものを使えばよいのでしょうか?

 

それは『オリーブオイル』でOKです!!

 

オリーブオイルとタオル

 

もちろんオリーブオイルはご家庭でお料理を作るときに使うスーパーで売ってるやつでいいのです。

裕福な方はアマニオイルでもエゴマオイルでもOKです!!

極端な話ですが、テーブルの上でたこ焼きやお好み焼きを作って飛び散った油を乾いた布でふき取るだけでもオイルフィニッシュになるのです。
アヒージョなんて最高のオイルフィニッシュになるのですが、若干においが気になりますのでお好みでどうぞ。

 

オリーブオイルは不乾性オイルなので家具のメンテナンスには適さないとか書いてあるサイトもあります。

しかし、きちんとした拭きあげ作業をやるだけで十分に効果を発揮します。

 

 

オイルのコーティング方法

 

オリーブオイルを染み込ます

 

作業はとっても簡単で、乾いた布に用意したオイルを染み込ませて拭きあげていくだけなのです。

オイルは薄く延ばすように拭きあげてください。

この時に、裏側や見えないところもサッとオイルを塗りこむと効果的です。

オイルはつけすぎるとベタベタ感がのこり、快適ではなくなりますのでご注意ください。

満遍なく塗り込んだら風通しを良くして乾燥させて終わりです。

 

薄く塗り込む

 

色々なサイトやブログを見ていると、オスモが良いとか、天然の蜜蠟ワックスでコーティングがお勧めとか紹介されています。

どれも有効なメンテナンス手段ですので試してみるのもいいかもしれません。

 

サダモクデザインの家具は、全てワトコオイルを使用しております。

アマニオイルが主体の天然素材オイルですので安心してご使用いただけます。

いろが薄くなってきたと感じたときは、ワトコオイルでフィニッシュしてあげるのも方法の一つです。

 

最後に無垢材の性質を知ろう。

サダモクデザインではホンモノの無垢の木材を使い家具を作っています。

当たり前のことですが、木材とは木なのです。

木は土に根を張り水を吸い、葉で日の光を浴び、酸素や二酸化炭素を吸って呼吸をしている生物です。

 

無垢の木材から家具に加工されたあとでも呼吸を続けているのです。

家具が呼吸をするとき湿気を吸ったりはいたりするのですが、この時に無垢材は延びたり縮んだり伸縮をします。

極端に湿度が高いとカビやヌメりの原因にもなります。湿度が低すぎると乾燥してカサカサになったり、ひび割れてきたりします。

 

人間もお肌の油分がなくなると地肌が痛みます。

共に暮らす家族のように無垢材の家具たちのメンテナンスをおこなってあげましょう。

 

オイルフィニッシュの家具は、濡れたコップを置きっぱなしにしたり、熱い物を載せたりすると輪染みになりやすいです。

また、鉄分を多く含む素材は水分と反応して黒い染みになることがあります。

これらは、普通にオイルをコーティングしても残ることが多いので、気になる場合は、サンドペーパーで擦ってからコーティングが良いでしょう。

無垢材のハンドメイド家具と雑貨|SADAMOKU DESIGN/サダモクデザイン

ハンドメイドのオリジナル家具と雑貨|SADAMOKUDESIGN/サダモクデザイン

SADAMOKUDESIGNは、『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドのオリジナル家具ブランドです。
テーブルやチェア、ソファ、キャビネット、ダイニングセット、雑貨など、素材の持つ個性を活かして、
ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な作品を製作しております。
長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

屋号 SADAMOKU DESIGN
住所 〒650-0046
兵庫県神戸市中央区港島中町6-2-1神戸パークシティ B棟1番
営業時間 9:00~18:00
定休日:土・日・祝
代表者名 畑山 義昭 (ハタヤマ ヨシアキ)
E-mail info@sadamokudesign.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

ハンドメイドのオリジナル家具と雑貨|SADAMOKUDESIGN/サダモクデザイン SADAMOKUDESIGNは、『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドのオリジナル家具ブランドです。テーブルやチェア、ソファ、キャビネット、ダイニングセット、雑貨など、素材の持つ個性を活かして、ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な作品を製作しております。長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

〒650-0046
兵庫県神戸市中央区港島中町6-2-1神戸パークシティ B棟1番

078-599-7302

9:00~18:00
定休日:土・日・祝

0