サダモクデザイン 『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドのオリジナル家具ブランド。無垢材やアイアン、デニムなど素材の持つ個性を活かして、ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な家具を製作してます。長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

スギ(杉)とは?ヒノキとの違いやスギの特徴・魅力 無垢スギ家具でお洒落な空間を

スギ(杉)とは?ヒノキとの違いやスギの特徴・魅力 無垢スギ家具でお洒落な空間を

お部屋に取り入れる家具やインテリアを決める際に、重要なポイントになるのがその素材です。家具に使われる素材にはさまざまな種類がありますが、人気の素材に無垢材があります。

 

無垢材は天然の木材をふんだんに使った、温かみのある丈夫な素材です。無垢材として使用される代表的な樹木に、スギ(杉)やヒノキ、オークなどが挙げられます。

 

今回は無垢材の1つとして親しまれているスギにフォーカスをあてて、スギの特徴やメリット・デメリット、スギを取り入れた家具の魅力についてご紹介します。

 

この記事のポイント!

・スギは無垢材の1つとして、家具に取り入れられていることの多い樹種

・スギは木目がはっきりしていて、軽く柔らかい材質が特徴

・お部屋に取り入れることでリラックス効果があり、肌触りも良くお子様にも安心安全

・ツヤがないため落ち着いた印象で、経年変化により味わい深くなる

 

スギ(杉)とは?

スギ(杉)とは?

日本の固有種であるスギは、主に本州・四国・九州に分布している樹種です。スギは約500年前の室町時代より植林されており、戦後には拡大造林として日本各地で植林が進みました。人工造林されているスギがほとんどですが、秋田地方や屋久島などは天然スギの産地として有名です。

 

そんなスギは家具や桶、樽などに用いられることが多い木材です。日本の樹種の中でも大きな割合を誇ることから、手に入りやすい木材として人気です。

スギ(杉)とヒノキ(檜)の違い

スギと同様に、代表的な日本の樹種の1つにヒノキ(檜)が挙げられます。スギとヒノキは同じ針葉樹であるため、見た目の区別がつきにくいいことがあります。しかし木目やツヤ、木肌のような木の内部に注目すると見分けやすくなります。

スギとヒノキの見分け方

 

スギ(杉)

ヒノキ(檜)

木目(年輪の模様)

木目がはっきりしている

木目が薄く、真っ直ぐに流れている

ツヤがない

赤みとツヤがある

木肌

ツヤが少なく、年輪が浮き出やすい

きめ細かく、ツヤがあり美しい

質感

軽く、柔らかい

古くなるにつれ、硬くて重い

香り

ヒノキほど強い香りはない

特有の強い香りがある

 

スギはヒノキと比べると、安価な木材です。またヒノキはスギに比べて資源量が少ないこと、そして植林から収穫までの年数がかかることからも、スギより高価な木材として扱われています。そのためスギとヒノキでも価格差があるため、リーズナブルでコストパフォーマンスに優れた木材を重視する場合には、スギがおすすめです。

スギ(杉)の特徴

ここではスギの特徴についてお伝えします。

香り

スギは、木材特有のさわやかな香りと甘い芳香が特徴。森林浴をしているような開放感が感じられ、リラックス効果があります。他の香りとも調和しやすいため、お部屋に取り入れるには最適です。

植林の木材で日本最多

スギは長い歴史と造林により、日本国土の約12%に植えられています。特に戦後の人工造林にスギが選ばれたことが大きく関係し、国内樹種の中ではもっとも多い植林面積を誇っています。そのため手に入れやすく、日本人にとって馴染みのある木材としても知られています。

軽さと真っ直ぐな繊維

スギは真っ直ぐ成長する幹と、軽さが特徴です。繊維が真っ直ぐなことで加工しやすいため、さまざまな用途でスギが用いられています。また空気を多く含んでいることから軽く、触れると温かみが感じられます。

心材と辺材の色の違い

スギの心材と辺材は、色の違いがはっきりしています。心材の色は生産地域や品種によってさまざまですが、ピンクや赤茶色、真っ黒なものもあります。

経年変化

無垢材の1つであるスギは、経年変化が楽しめる点も特徴です。時間が経つに連れ、木目や色が変化していきます。また柔らかい材質であるため傷がつきやすいのも特徴ですが、経年変化の1つとして捉えると味わい深くなります。

スギ(杉)の魅力・メリット

スギ(杉)の魅力・メリット

ここではスギを取り入れた家具を検討している方に向けて、スギの魅力やメリットについてお伝えします。

香りによるリラックス効果

スギはさわやかな香りを持ちます。それにより森林浴をしているような気分になれ、血圧・脈拍・交感神経活動などを低下させ、リラックス効果を生み出してくれます。また鎮静作用により、安眠効果にも期待できます。さら抗菌や防虫作用がある点も嬉しいポイントです。

経年変化による味

スギは経年変化することで木目が濃くなり、独特の重厚感が出てきます。これにより和風っぽさやナチュラルさ、ヴィンテージなど、さまざまなインテリア空間の演出に役立ちます。また生活とともに歴史を刻んでいる様子がわかりやすいため、愛着も湧きやすくなるのも魅力。

お部屋の雰囲気を落ち着いた印象に

スギはヒノキよりツヤが少ない素材であるため、お部屋を落ち着きのある印象に仕上げられます。またスギは心材と辺材の色味の違いがはっきりしていることから、さまざまなイメージのお部屋が作れる点も魅力の1つです。スギとヒノキのどちらを取り入れるか、どう組み合わせるかによっても、お部屋の印象をコントロールできます。

軽く家具にぴったり

スギは空気を多く含んでいるため、柔らかで軽い点が特徴の木材です。そのためスギを取り入れた家具は軽く、持ち運びや移動がしやすいメリットがあります。ダイニングテーブルやセンターテーブル、椅子などの家具の購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

肌触りが良いので小さなお子様にも安心・安全

柔らかで温かみのるスギは肌触りも良いため、小さなお子様にも安心・安全な点が大きなメリットです。加工により角に丸みをおびさせることで、さらに安全性が高くなります。

スギ(杉)の注意点・デメリット

一方でスギの注意点やデメリットについてもお伝えします。

香りが苦手な方もいる

スギは森林にいるかのようにさわやかで、ほんのりと甘い芳香が特徴です。ほんのりと甘さを感じる香りや、自然の香りが苦手な方もいるかもしれません。

アレルギーに注意

スギは花粉症の方の大敵でもありますが、木材として使用する分には、花粉症への影響はほとんどありません。しかし過度の「杉アレルギー」をお持ちの方は注意しましょう。スギがある空間にいることで、喘息症状を引き起こす可能性があります。そのため事前にスギによりアレルギー反応が起こらないかを確認しておくと安心です。

経年変化は好みが分かれる

経年変化はスギをはじめ、ヒノキやオークといった無垢材の魅力でもありますが、その好みは人それぞれです。スギは経年変化により木目が濃くなり、色も渋みを増してきます。最初のスギの印象は好きだったが、経年変化後の印象があまり好みでない方もいるかもしれません。そのため経年変化後のスギの印象も、事前に確認しておくと良いでしょう。

スギ(杉)家具のお手入れ・メンテナンス方法

無垢材であるスギはお手入れやメンテナンスをすることで、経年変化を楽しみながら、長く使い続けられます。代表的なメンテナンス方法は、オイルでのふきあげです。特にスギは素材的に傷つきやすいため、オイルメンテナンスでコーティングレベルをあげることで、傷がつきにくくなります。そのほかにも下記の記事では、さまざまなお手入れ・メンテナンス方法をご紹介しています。

 

誰でもできる無垢材家具のお手入れ方法の記事はこちら

 

オイル仕上げの家具のお手入れ方法の記事はこちら

 

サダモクデザインで扱うスギ(杉)のこだわりについて

サダモクデザインでは、国産杉を100%使用した無垢材を使用し、リーズナブルで本物の無垢材家具を提供しています。手に入れやすいスギは、加工を施して綺麗に仕上げても、リーズナブルな価格を実現しやすい素材です。

 

さらにサダモクデザインで使用している国産杉は、輸入杉よりも密度が高いため、丈夫で長く使い続けられる点も魅力の1つです。経年変化で個性溢れる、愛着の湧く家具と共に過ごしたい場合には、スギを取り入れた家具を取り入れてみてください。

サダモクデザインで扱うスギ(杉)の家具

モノリス ダイニングテーブル 4点セット 全5サイズ 無垢材天板&アイアン脚

モノリス ダイニングテーブル 5点セット 全5サイズ 無垢材天板&アイアン脚

モノリス 1800幅 ダイニングテーブル 7点セット 無垢材天板&アイアン脚

ハノジ ダイニングテーブル 4点セット 全3サイズ 無垢材 オイル仕上げ

ハノジ ダイニングテーブル 5点セット 全3サイズ 無垢材 オイル仕上げ

モノリス ローテーブル センターテーブル 全4サイズ 無垢材天板&アイアン脚

モノリス センターテーブル ワイド 全5サイズ 無垢材天板&アイアン脚

 

無垢材のハンドメイド家具と雑貨|SADAMOKU DESIGN/サダモクデザイン

サダモクデザイン

SADAMOKUDESIGNは、『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドのオリジナル家具ブランドです。
テーブルやチェア、ソファ、キャビネット、ダイニングセット、雑貨など、素材の持つ個性を活かして、
ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な作品を製作しております。
長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

屋号 SADAMOKU DESIGN
住所 〒650-0046
兵庫県神戸市中央区港島中町6-2-1神戸パークシティ B棟1番
営業時間 9:00~18:00
定休日:土・日・祝
代表者名 畑山 義昭 (ハタヤマ ヨシアキ)
E-mail info@sadamokudesign.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

サダモクデザイン 『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドのオリジナル家具ブランド。無垢材やアイアン、デニムなど素材の持つ個性を活かして、ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な家具を製作してます。長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

〒650-0046
兵庫県神戸市中央区港島中町6-2-1神戸パークシティ B棟1番

078-599-7302

9:00~18:00
定休日:土・日・祝

0

0