サダモクデザイン 『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドのオリジナル家具ブランド。無垢材やアイアン、デニムなど素材の持つ個性を活かして、ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な家具を製作してます。長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

ソファの寿命や劣化について ソファを長持ちさせる方法・買い替え時期・処分方法

ソファの寿命や劣化について ソファを長持ちさせる方法・買い替え時期・処分方法

 

ソファはお部屋に彩を与え、日常生活を快適にする家具ですが、ソファには寿命があります。

 

実際に次のような、ソファに関する寿命や劣化を感じたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

「ソファの座面がヘタってしまった」

「ソファの座面生地が破れてしまった」

「ソファの足が取れてしまった」

「ソファ生地が傷んでしまった」

 

上記のような理由から、ソファの買い換えを検討したことがある方は多いでしょう。

 

ソファは日常的に使用するケースがほとんどで、どうしても劣化や寿命は避けられません。

 

しかし使い方を工夫することで、寿命を延ばしソファを長持ちさせたり、買い替え時期を遅らせたりといったことは可能です。

 

本記事では、ソファを長持ちさせる方法、劣化・寿命がきてしまったソファを買い換える時期・タイミング、ソファの処分方法についてご紹介していきます。

 

この記事のポイント!

・ソファは劣化に伴い寿命がつきもの

・ソファの劣化やい寿命を念頭にソファを購入することが重要

・ソファの処分方法は主に5種類

・天然の木材を使用した職人の手作りのソファは長く使用でき多くのメリットがある

ソファの寿命や劣化について

上記で触れたようにソファは、どうしても劣化や寿命があります。

 

特にソファの座面に使用されているクッションは、座ったり寝転んだりといった使用に伴い、劣化が激しいポイントです。

 

また小さなお子様がいるご家庭でお子さんが飛び跳ねる場合や、頻繁にソファを使用するご家庭では、ソファのヘタリをはじめ、さまざまなお悩みを持っているケースもあります。

 

もちろん品質の良い高価格帯でヘタリにくいクッションを使用しているソファや、職人による手作りで強度のあるソファであれば、そもそも劣化しにくく寿命も長めになっています。

 

しかし現在は1万円代程度から購入できる安価なソファも多く流通しており、特にそうしたソファにおいては、使用期間が短くでも劣化や寿命は避けられません。

 

実際に多くのご家庭では、そうした安価なソファを使用されているケースも多くなっていますが、安価なソファには痛みやすかったりヘタリやすかったりと、それなりの理由があります。

ソファの買い替え時期・タイミング

1万円代程度から購入できるソファや、家具量販店で販売されている安価なソファ、機械による大量生産のソファなどは、金額面でメリットがあります。

 

しかしソファの買い替え時期・タイミングを考慮すると、金銭的にメリットがあるとは言い切れない側面もあります。

 

そうしたソファは、数ヶ月で痛み・ヘタリが生じてしまうケースも少なくありません。

 

その結果、買い替え時期・タイミングも早くなってしまい、すぐに2台目・3台目とソファを購入することになれば、金額面のメリットがなくなってしまいます。

 

実際にソファの買い替え時期としては、上記のようなソファであれば、機能的に快適に使用できる期間としては、長くても3年程度でしょう。

 

もちろん販売メーカーや製法にもよりますが、場合によっては数ヶ月で痛み・ヘタリが生じたり、壊れてしまったりといったケースもあります。

 

一方で、品質の良い高価格帯でヘタリにくいクッションを使用しているソファや、職人による手作りで強度のあるソファは、10年・20年といったように長い間使用できるケースが大半です。

 

もちろんこちらも販売メーカーや製法などの要件によって寿命や買い替え時期は異なりますが、高品質のソファは一生を共にできるほどの強度を持っているケースも多くあります。

 

実際に伝統的な製法で作られたソファや、職人の手作りで作られたソファは、数十年から100年単位で使用されているソファもあります。

 

基本的には安価なソファは長くても数年で買い換えが必要なケースが多く、高品質のソファは数十年、もしくは一生モノとして使用できることを押さえておきましょう。

 

ソファのへたりを直す方法とは?へたりに後悔しないソファ選びのポイント

 

ソファの処分方法

ソファの処分方法

 

ソファに痛み・ヘタリが生じてしまったり、脚が取れてしまったりなど、さまざまなケースによってソファの処分を検討している方もいらっしゃるかもしれません。

 

その場合には、主に5つの方法でソファを処分できます。

 

自治体にソファを粗大ゴミとして回収してもらい処分する方法

もっとも一般的なソファの処分方法は、自治体に粗大ゴミとして回収してもらう方法。

 

粗大ゴミの回収は、値段こそ自治体によって異なりますが、基本的には有料となっているケースがほとんどです。

 

そのため安価なソファを購入していると、その処分のたびに処分費用が発生します。

 

さらに基本的には回収地点まで自分で持っていく必要があるのでそうした手間や、解体が必要な場合には解体の手間も発生します。

 

不用品買取業者を活用してソファを処分する方法

不用品買取業者を活用してソファを処分すれば無料で処分できるケースもあります。

 

しかしタイミングよく近くに不用品買取業者がいるかどうかは、お住まいの地域などによっても異なりますので、確実な処分方法ではありません。

 

また昨今は、無許可で不用品買取を行っているケースも問題視されており、業者選びにも慎重になる必要がありますので、その点にも注意が必要です。

 

実際に意図せずとも、無許可の不用品買取を利用してしまい、不法投棄をはじめとするトラブルも報告されています。

フリマアプリやオークションサイトを活用しソファを処分する方法

近年多くなっているのが、フリマアプリやオークションサイトを活用しソファを処分する方法です。

 

フリマアプリやオークションサイトを活用すれば、処分にお金を払うどころか、お金をもらえるケースもあります。

 

しかし多くの場合、人が使用したソファを好んで購入する方は少なく、あまり期待はできません。

 

また一万円程度から購入できるようになっていることからも、ソファ購入のハードルは下がっているので、なかなか買い手がつきにくいのも実情です。

 

ただし高品質な木材を使用しているソファや職人の手作りなど、年数がたっても価値が下がりにくいソファであれば、むしろ高額で取引してもらえるケースもあります。

 

リサイクルショップの買取サービスを活用しソファを処分する方法

フリマアプリやオークションサイト同様に、リサイクルショップを活用すれば、ソファの処分にお金をもらえるケースもあります。

 

しかしこちらも高品質なソファの場合に限りますので、多くの場合は無料での引き取りになります。

 

また未使用品や新品に近い状態ではない限り、売り手の期待するような金額にならないケースが大半です。

 

購入店舗の引き取りサービスを活用しソファを処分する方法

店舗によっては、販売したソファを引き取るサービスを行っている場合があります。

 

この場合も、自治体でのソファ処分と同様に費用が発生するケースが多くなっています。

 

しかし引き取りサービスであれば、安心してソファを処分できる方法の一つです。

 

ソファの寿命や劣化を押さえソファを長持ちさせる方法

ソファの寿命や劣化を押さえソファを長持ちさせる方法

 

上記でご紹介した通り、ソファの処分にはそれぞれ手間や費用がかかるケースがほとんどです。

 

手間や費用をかけないことはもちろん、環境への配慮といった点でも、多くのご家庭ではできるだけソファの劣化を押さえ、寿命を延ばし長持ちさせ、長い期間使用できるに越したことはないでしょう。

 

実際にソファを長持ちさせる方法としては、座面を痛めたりヘタらせないように、座面やクッションを交換できると長持ちさせられます。

 

しかしこの点も安価なソファでは、座面やクッションを交換できないケースも多くなっています。

 

また座面やクッションのカバーを手軽に交換できるソファであれば、衛生的にも優れ痛みやヘタリを押さえやすくなります。

 

さらにフレームが木製のソファであれば、定期的にブラッシングしたり、乾拭きしたり、オイルを塗り込んだりといったメンテナンスも、ソファを長持ちさせる方法の一つです。

 

天然の木材を使用した職人の手作りソファを選択肢の一つに

サダモクデザインでは、スギやヒノキ、オークといった天然の木材を使用し、職人の手作りにこだわり、ソファを制作しています。

 

上記のように、1万円代程度から購入できるソファや、家具量販店で販売されている安価なソファ、機械による大量生産のソファなどは、購入時には金額面でメリットがあるのも事実です。

 

しかしソファの劣化や寿命に伴う処分の手間と時間を考え、長期的な目線でソファを考えると、結果的に金額面でメリットになるとは言い切れない側面もあります。

 

何より天然の木材を使用した職人の手作りのソファは、一生を共にできるほど強度に優れお部屋に温もりを与えてくれます。

 

また天然由来の木材の香りも楽しめるようになっています。

 

もちろん安価なソファにはそれなりのメリットもありますが、ソファの購入時には天然の木材を使用した職人の手作りのソファも選択肢の一つに加えてみてください。

 

ソファのインテリアコーディネート事例① おしゃれで自分好みの快適なお部屋作りの参考に

商品紹介

商品スペック ■ブランド:SADAMOKU DESIGN/サダモクデザイン ■サイズ:W1890 D750 H750 (SH350) ※サイズはハンドメイド製作・無垢材の性質上若干の誤差があります。   【無垢材&岡山デニムソファ詳細サイズ】 ■座面ウレタンサイズ/1枚 幅560mm 奥行650mm 高さ140mm ■有効奥行450mm〜500mm ■有効幅 1P:560mm 2P:1120mm 3P:1680mm …

商品紹介

商品スペック ■ブランド:SADAMOKU DESIGN/サダモクデザイン ■サイズ:W1890 D750 H750 (SH350) ※サイズはハンドメイド製作・無垢材の性質上若干の誤差があります。   【無垢材&岡山デニムソファ詳細サイズ】 ■座面ウレタンサイズ/1枚 幅560mm 奥行650mm 高さ140mm ■有効奥行450mm〜500mm ■有効幅 1P:560mm 2P:1120mm 3P:1680mm …

商品紹介

商品スペック   ■ブランド:SADAMOKU DESIGN/サダモクデザイン   【サイズ】 W1330 D750 H750 (SH350) サイズはハンドメイド製作・無垢材の性質上若干の誤差があります。   【無垢材&岡山デニムソファ詳細サイズ】 ■座面ウレタンサイズ/1枚 幅560mm 奥行650mm 高さ140mm ■有効奥行450mm〜500mm ■有効幅 1P:560mm …

商品紹介

商品スペック   ■ブランド:SADAMOKU DESIGN/サダモクデザイン   【サイズ】 W770 D750 H750 (SH350) サイズはハンドメイド製作・無垢材の性質上若干の誤差があります。   【無垢材&岡山デニムソファ詳細サイズ】 ■座面ウレタンサイズ/1枚 幅560mm 奥行650mm 高さ140mm ■有効奥行450mm〜500mm ■有効幅 1P:560mm 2P:11…

商品紹介

最高品質の素材と卓越した職人技で実現したサダモクデザインこだわりのハイエンドソファ 飽きのこないシンプルなデザインと機能性が特徴のソファ。 リビングはもちろんダイニングなど場所を選ばずに設置でき、おうち時間を快適にします。 また本物の質感とトップクラスの座り心地を実現。   家具職人として、本当に作りたかったの…

商品紹介

商品スペック   ■ブランド:SADAMOKU DESIGN/サダモクデザイン   【サイズ】 W1880 D730 H730 (SH350) サイズはハンドメイド製作・無垢材の性質上若干の誤差があります。   【アイアン&無垢材 ソファ詳細サイズ】 ■座面ウレタンサイズ/1枚 幅560mm 奥行650mm 高さ140mm ■有効奥行450mm〜500mm ■有効幅 1P:560mm 2…

無垢材のハンドメイド家具と雑貨|SADAMOKU DESIGN/サダモクデザイン

サダモクデザイン

SADAMOKUDESIGNは、『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドのオリジナル家具ブランドです。
テーブルやチェア、ソファ、キャビネット、ダイニングセット、雑貨など、素材の持つ個性を活かして、
ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な作品を製作しております。
長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

屋号 SADAMOKU DESIGN
住所 〒650-0046
兵庫県神戸市中央区港島中町6-2-1神戸パークシティ B棟1番
営業時間 9:00~18:00
定休日:土・日・祝
代表者名 畑山 義昭 (ハタヤマ ヨシアキ)
E-mail info@sadamokudesign.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サダモクデザイン 『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドのオリジナル家具ブランド。無垢材やアイアン、デニムなど素材の持つ個性を活かして、ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な家具を製作してます。長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

〒650-0046
兵庫県神戸市中央区港島中町6-2-1神戸パークシティ B棟1番

078-599-7302

9:00~17:00
定休日:土・日・祝

0

0